×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘアケアが間違っている?

髪の毛、頭皮を炒めていませんか?ケアが間違っていると悪影響が!正しい方法で抜け毛予防を!

そのヘアケアは頭皮を傷つけていませんか?

【間違ったヘアケア】
1.シャンプー等洗髪
シャンプーの成分である界面活性剤が細胞を弱らせる作用がありますので、すすぎが悪いと抜け毛の原因になります。充分すすいでください。
また、爪をたてて洗うと頭皮を傷つけます。

気をつけて洗っている場合でも改善しない場合は1日おきにする等回数を減らしてみることも必要です。

2.頭皮の毛穴に皮脂がつまる
髪の毛を洗うときに頭皮までしっかり洗浄していないと汚れが落ちず、毛穴に汚れや皮脂が詰まった状態となって毛根に悪影響がでます。
しっかり毛穴を開かせてから行うほうがよいので、お風呂の最後の方がいいでしょう。
※体の血行をよくするため湯船につかることをおすすめします。シャワーだけよりも充分な効果が得られますし毛穴の中に皮脂も取れやすくなります。
何よりもリラックスできることも重要です。

3.ドライヤー
乾燥した熱い空気を頭皮に当ててしまって、頭皮を傷める原因になります。できる限り時間を短く、頭皮にあてないようしましょう。

4.パーマや毛染め
パーマは熱やパーマ剤によって、毛を染め剤が頭皮にダメージを与えている可能性があります。

5.マッサージ
シャンプーの際、育毛剤をつける際のマッサージが充分ではない、あるいは強すぎる可能性があります。
マッサージは血行を良くすること刺激を与えること、頭皮を柔らかくすることが目的です。
充分でない場合は血行が充分よくならなかったり、頭皮がほぐしきれていない場合があります。
強すぎる場合は頭皮を傷め炎症を引き起こします。少し力を抜きましょう。

脱毛・薄毛・抜け毛の悩みTOP
原因は?
遺伝
ホルモンバランス
ストレス
食生活
喫煙
生活
紫外線
ヘアケア
皮脂
対策は?
頭皮・頭髪の洗浄
育毛剤
マッサージ
食事
栄養補給
 

 


スポンサードリンク